GET A LIFE一応日記なんだぜ!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
雑誌「グリム童話 4月号」発売です

 

 

ハート日本の名刀「鳴狐」 マンガ24p掲載

刀剣を扱ったコーナーで鳴狐でお声かけて頂きました。

初めましての雑誌だったのと普段と毛色の違うお仕事で浮いてそうで怖いですが、こちらも凄く楽しく描かせていただきました。鎌倉時代のお話を描きました。それぞれの刀剣にちなんだお話を、というコーナーです。鳴狐は号の由来がわからないので刀が作られた由来だったりを思い切り好き勝手想像して描かせて頂いた感じです。趣味全開です。

(もともと同人のほうで描きたいお話があったのでそれをお仕事用に組み立て直した感じです)

名前の由来として言われている1つの狐を切ったお話とは違うお話にしたかったのでこのお話にしたのですが、同じ号掲載の作品に、にっかりさんいたので変えて良かったなと思いました(ほっ)

そんなわけで、お楽しみいただけましたら幸いですハート

 

 

完全に余談というかおまけ話です↓

 

鎌倉時代ということで…この年代のお話を描こうと思ったことが他になかったので色々暮らしぶりや服装も調べてプロットや作画に入ったのですが、たくさん読み込んだので個人的に日本史の勉強していた気分にもなりました(笑)とても楽しかったです。あと本当はそのずっと後の江戸時代のお話も絡めたかったのですがさすがに24pでは収まらないのでそっちはカットしてしまいました。そのあたりも色々考えてる時間とても楽しかったです。ページにぎゅっと詰め込んだのと、この年代は元号がどんどん変わってるので説明入れそびれてしまったのですが、刀の持ち主、桐の生まれを建治4年にしたのでした。その年が疫病大流行の年だったそうで、その為に元号を変えたそうで。桐を体の弱い子設定にしてたので点と点がつながっていく感覚がお話作ってた時に凄く楽しかったことでした。

それからもう1つ特筆したいことは背景を引き受けてくださった背景アシさんがとても力作作ってくださって(泣)お屋敷の遠景が凄く素敵で、仕事場に迎えに来てくれた母に見せたら凄い驚いてました(笑)ほんと素敵でしたキラキラそこもぜひ見て欲しいです…!

 

そんなこんなで…しばらくネームとプロット祭でまた潜りがちになります。

(J庭のお知らせもまた改めてしたいと思います〜!)

| 15:00 | お仕事 | comments(0) | - | posted by ユウヤ |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>